<< クラニオセイクラル(ベーシック)セミナー IN東京校 | main | スキルUPセミナー『カウンセリングテクニック』 IN 横浜校 >>

実技研修 (福祉センターボランティア) IN京都


平成21年4月25日(土)

先日、恒例の実技研修に行ってまいりました。
今回は初参加のお二人と共に参加です。



この実技研修は、長年続けさせて頂いておりますが、私自身も参加する度に
勉強になり、再認識させていただける機会です。

卒業生の掌庵整体院の院長とお話していた時に
「受講生のみんなには、是非参加して欲しいほど勉強になる環境」
と思い出話にもでるほど、私たちにはありがたい環境です。


参加者の声(Y・Tさん)

初めて、生徒・先生・家族以外の”人”の身体を触って一番感じた事は、何もできない事でした。
普段、ツボ押しや色々な手技を練習して、いざまったく知らない人の身体を触るのが怖かったです。
今回は、簡単な施術ぐらいは出来ると思っていたけど、簡単な施術すらできなかった様に感じます。自分では、少しずつ、知識・技術が身についていると思っていたけど、いざ知らない人の身体を前にすると何も出来ませんでした。
普段、もっと考えて練習して行かなければならないと思います。
人の身体を改善させると言う事は難しいと感じた1日でした。


参加者の声(M・Yさん)

推拿を知り、孝佑中医推拿学院に入学して3ヶ月あまり・・・
学科や実技で生徒同士、健常者である身体を触り、痛みや響きなど、なんとなく感じているつもりではいましたが、今回の研修に参加して、コミュニケーションの難しさやお年寄りの体の痛む所によって、体の制限などを考慮するまでには、1〜2回の参加では修得できないと感じました。
実技研修で、学べて良かったと思った事が、気血津液をイメージしてスムーズに流せることで、固かった腕や肩の可動域が広がった事に気がつけた時、もの凄く嬉しかったです。
今回の研修に参加し、身体を触らせてくださった施設の方々、利用者の皆様、有難うございました。


(担当:谷藤)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック