<< マンスリーセミナー 『宮廷気功二十一式』 in 横浜 | main |

第二回 『秋の薬膳料理セミナー』 IN 横浜

《秋の乾燥に注意!潤いを保つ、美肌・美髪の薬膳》




日時:9月30日(木)9時30分〜13時<3時間半>

講師:三浦由喜子先生/薬剤師・家庭薬膳料理アドバイザー

場所:野毛地区センター

料金:受講生/3,000円 一般/4,000円

定員:18名 《終了しました☆有難うございました》

メニュー:百合根ご飯/鮭とキノコの黒酢煮/たたき蓮根豆乳汁
/大根と長芋のサラダ/梨の温デザート
※菊花のお茶付き





始めに、下ごしらえの注意点や材料の説明をして頂きます。



レシピに従って、さくさくと下準備が進みます。



普段使ったことのない材料や処理方法もあり、先生のご指導を
頂きながら皆さん、着々とこなされてます。



一通りの下準備が終えたら、今日のメインテーマ
《秋の乾燥に注意!潤いを保つ、美肌・美髪の薬膳》の講義です。
※煮込み料理がコトコトいい香りをさせてますが・・・ここは集中ラッキー


烏龍茶の茶葉と一緒に煮込む「梨の温デザート」がとてもいい香りですラブラブ

さてさて、テーマは秋です。

秋は夏の陽の極まりから徐々に陽消して行く季節ですが、初秋と晩秋の
食材の選び方の注意点と、特に今年の猛暑は身体にストレスを受けている
ため、どのように薬膳学を生かして生活をするべきか。とのお話です。

秋には肺を痛めやすいので、潤いが大事!
本日のレシピに選ばれた食材と味付けにも“潤い”を補う効果が
あり、白い食材の意味や酢の料理に隠し味の甘味が何故良いかなど
皆さん真剣にメモを走らせてましたね。。。

今回も、基礎で学んだ内容がどのように役立つか
実践に生かすヒントをたくさん頂けたと思います!

例えば今回の温デザートに何故烏龍茶を煮出すのか?
基礎の学科でも取り上げましたが、烏龍茶はお茶の中でも半発酵。
やんわりと身体を温めるので、秋に飲むべきお茶なんですね。

これからもっと寒くなったら、完全発酵の紅茶やプーアール茶を選び
春には気の流れを良くする香りの高いお茶(ジャスミン、バラ、ミント)
夏には涼性の緑茶が良い。

日本の女の子では身体が冷え性なのにもかかわらず、一年中ペットボトルの
緑茶などを好んで飲んでいるのを見ますが、嗜好ではなく身体に合ったものが
選択できれば随分違うと先生は仰います。
本当にその通りですよね・・・。

特に日本人は、何気なく知らずに嗜好で飲食しがちですが
何千年もの中国の叡智を知ることでバランスを保つと
たった数ヶ月で身体に嬉しい変化が起こる☆って事実を皆さんは
どんどん啓蒙してくださいね!


【長芋と大根のサラダ】



<材料>
大根:涼・辛・肺・胃/渇きを癒し、咳を鎮める
長芋:平・甘・肺・脾・腎/滋養強壮、補気効果

※黒酢を調味に使いますが、少し甘味を加えて甘酸っぱく
すると“潤い”効果が高まるのだそうです。

【鮭とキノコの黒酢煮込み】



<材料>
鮭:平・甘・脾・胃/滋養健脾、補気、補血
ねぎ:温・辛・肺・胃/辛温解表

※季節のキノコたっぷりで彩が綺麗なメインディッシュ。
鮭は片栗粉でソティーした後、黒酢の風味豊かな煮込み料理に仕上げます。
酢は生津効果あり!


【たたき蓮根豆乳汁】



<材料>

蓮根:寒・甘・心・脾・胃/熱による渇きに良い
豆乳:平・甘・肺・大腸・膀胱/津液を補い潤し、肺熱を取る

※秋にピッタリの効能の組み合わせ。
ここで注目は、蓮根はたたく!という処理方法でとても食感が楽しかったです。
切って調理するより、豆乳の味噌汁ともしっかり絡みなんとも美味しい☆
渡辺はすっかりこの食感が癖になり、あれから蓮根をたたいて使ってますモグモグ

【百合根ご飯】



<材料>
百合根:微寒・甘・微苦・心・肺/肺を潤し、咳を止める。
ごぼう:寒・辛・苦・肺・脾/風熱を散らし、咳のどの痛みを止める
松の実:微温・肺・大腸/肺を潤し乾燥の咳に良い

※肺を潤す効能の材料で発芽玄米と雑穀の炊き込みご飯です。
ボリューム満点の炊き込みご飯でした☆

【梨の温デザート】



<材料>

梨:寒・甘・微酸・肺・胃/炎症を抑え肺を潤し、咳と痰を止める
杏:温・甘・酸・肺・心/肺を潤し咳を止める
干し葡萄:平・甘・酸・肺・脾・腎/生津、補気
枸杞の実:平・甘・肝・腎/滋陰
烏龍茶:温性

※彩の綺麗な温デザートです。
優しい甘さと烏龍茶の香りがとっても中華な仕上りで薬膳料理の
醍醐味満点な一品でした。

【菊花茶】



<材料>

菊花:微寒・甘・微苦・肺・肝/清熱解毒、辛涼解表

※菊花茶など花の茶はガクの部分に最も効能が凝縮されているので
花ごと食べると良いと教えてくださいました。
なるほどなるほど・・・・

普段の料理では、生姜なども薬味に使用するときは皮をつい剥きますが
生薬として身体を温める飲み物を作る時は皮ごと摩り下ろした方が
良いんですよね。生姜の皮は特に利尿効果が高いですから意識的に
使用してもいいですね。


今回もワイワイ楽しく実践させて頂き、受講生さんからも
「家でのレパートリーが増えました〜」
「普段勉強している事が日常で実践できます!」
などなど当日のご感想もぞくぞくと頂きました。

次回の予定は1月です。
今回ご参加できなかった方も是非次回をお待ちしております☆